歯磨きをしていれば口臭の心配はない、という間違った考え

口臭の原因のほとんどが口の中にあるといわれています。そのため、歯磨きをしていれば口臭対策をしていると思っている人も多いと思います。歯磨きをしていれば口臭の心配もない。その考えは危険です。口臭対策は歯磨きだけでは不十分です。それはなぜか?今回は、その理由を考えていきます。

口内を清潔にしていれば口臭の心配はない。この考え方は間違っていません。しかし、そもそも歯磨き自体がきちんとできていなければ、口臭が発生してしまいます。歯の生え方は人それぞれです。歯並びがいい人もいれば悪い人もいます。そして、歯の磨き方も人それぞれです。これが絶対に正しいんだ、という磨き方はありません。要は歯に付着した歯垢(プラーク)が取れればいいんです。歯垢は細菌が繁殖しやすいので、口臭の原因になります。そのために赤い染色液で磨き残しがないかチェックすることはとても大切です。小学校の時にやったアレですね。大人になれば磨き残しは少ないだろうと思うかもしれませんが、けっこう磨けていません。奥歯の溝や歯と歯の間は要注意です。自分の歯磨きの癖を見つけて直していく、これが重要です。歯磨きの仕上げに歯間ブラシやプラスを使えばほぼ完璧ではないでしょうか。

歯はきちんと磨けていても虫歯や歯周病にならないわけではありません。リスクは限りなく減らせますが。やはり、定期的に歯医者で歯のクリーニングをしてもらう必要はあります。虫歯は自分では治せません。既に虫歯がある人はそこから口臭が出ている可能性が高いです。早急に歯医者に行きましょう。歯周病もブラッシングで治すことはできますが、専門医の指導を受けるとより効率的です。

口の中に原因がある口臭には唾液も大きく関係しています。唾液には口の中を清潔に保つ働きがあるため、口が唾液で満たされていれば口臭の心配も少なくなります。しかし、朝起きた時や緊張した時、お腹が空いた時は唾液の分泌量が減少します。これは生理的口臭と呼ばれ、誰にも起こるものです。生理的口臭対策はずっと続くわけではありませんので、過剰に心配はしないでください。

口臭の原因のほとんどが口の中にあると言いましたが、お腹の中(特に腸内環境)にも原因があります。これはいくら歯磨きをしても治りません。腸内環境の悪化で口臭が発生する代表例が便秘です。便秘になると腸内に溜まった老廃物から悪臭が発生します。その悪臭は腸の壁から血管に入り込み全身を巡ります。最終的に肺に到着しガス交換で口臭となって出て行きます。この口臭はうんこ臭かったり、おなら臭かったりするのが特徴です。

便秘の口臭は便秘を改善させなければ治りません。適度な運動、健康的な生活習慣、食生活で改善していけます。是非一度、ご自身の生活スタイルを見直してみて下さい。

他にも糖尿病や肺、胃に病気がある人にも口臭がある場合があります。口臭は病気のサイトとなりますので、気になる方は病院でご相談されることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です